Pocket

スポンサードリンク

アレックスペティファーの性格を元カノの証言を元に予想してみる。映画の中で悪役を演じることも増えた俳優のアレックス・ペティファー。

そんな彼の性格を、プライベートも悪いと勘違いしてる人が多いようだ。

実際のアレックス・ペティファーの性格は良いとされる
実際のアレックス・ペティファーの性格は良いとされる

しかし、本当のアレックス・ペティファーは現場のスタッフと談笑を楽しんだり、共演者を立てたり、性格自体は良い評判を多く聞く。

今日はアレックス・ペティファーの元カノの話を元に、彼の私生活での性格を検証してみる。

スポンサードリンク

 

アレックス・ペティファーは十代の後半の時期に出演した映画「アイ・アム・ナンバー・フォー」にて共演した女優ダイアナ・アグロンと付き合っていた。

破局後に、その元カノであるダイアナに、自分のプライベートでの欠点を暴露されてしまっていた。

ダイアナの暴露話によると、

アレックス・ペティファーはとても情熱的で魅力的だが、

嫉妬深く、怒り狂うと怒鳴り散らしたり、

手がつけられない状態になるという。

そんなアレックス・ペティファーの上下の激しい性格についていけなかったのが、破局の原因だと言われてしまっていた。

ダイアナ自身も、自分の悪かった点を振り返りながら、アレックス・ペティファーとの関係を心良く話していた。

そう考えると、アレックス・ペティファーはロマンチストで、少しナルシズムな性格なのかもしれないないと思います。(笑)

 

似た記事

スポンサーリンク